スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベル・フェラーラ監督最新作 4:44地球最期の日 公開決定!

444.jpg

10/6(土)より、シネマート六本木ほかにて
『4:44地球最期の日』が公開されることになりました。

この瞬間(とき)、誰を愛すのかー
2011年ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞・最有力候補作品として、
プレス関係者、批評家から高い評価を得た話題作がついに日本上陸!

アル・ゴアが『不都合な真実』で、世の中に訴えていた"地球温暖化"によって地球最期の日を迎える、あるニューヨークのカップルと彼らを取り巻く人々の一夜を描く本作。昨年のヴェネツィア国際映画祭にてプレス関係者、批評家から高い評価を受け、コンペティション部門にて金獅子賞の最終候補にまで残っていたという話題作。
1999年7月の「ノストラダムスの大予言」、2012年12月22日「マヤ暦の終焉」―
人類滅亡説がまことしやかにささやかれている今、自分なら、最期の1日をどう過ごすのか?と、哲学的な問いかけをしてみるのも悪くないかもしれない?!

【STORY】

ニューヨークの高層アパートの部屋で、いつもと変わらぬ午後を過ごすカップル。しかし、この日は普段と違っていた。明日の午前4時44分、地球の終わりがやってくる。逃れる術(すべ)はない。
女は絵を描き、 男は娘と前妻にスカイプで愛を伝える。その光景を見た女は怒り狂う。
世界の終わりを前にしても女は嫉妬し、そして二人は刹那的に愛し合う。決して普段と何も変わらない。 ただ運命を受け入れるほかないのだった・・・。


劇場情報はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コムストック・グループ

Author:コムストック・グループ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。